電気の有難さを感じました

  • 2018.09.09 Sunday
  • 22:29

 

96日の未明、北海道に大規模な地震が起きました。

震源地は震度7だったようですが、我が家は震源地

から距離があって、震度5以上ということでした。

そして北海道全域が停電という異常事態でした。

 

 

こんな中で過ごした2日間。

2日間は長い時間ではありませんが、

電気がこないのはやはり大変なことでした。

これから書くことは「2日間の我が家での出来事」です。

 

 

 

私たち家族が住む地域は、テレビで報道されたような

液状化現象も、土砂崩れもありませんでした。

 

大きな揺れの割には、家の損壊などの被害もなく、

家の中も、CDケースが高い場所から滑り落ちた

程度です。食器棚も全然大丈夫。

不思議なくらいに被害はありませんでした。

 

そして有難いことにガスも水道も問題ナシ。

なので比較的、状況は楽だったと言えます。

 

ただ電気だけは使えないという状況でした。

そして固定電話も、携帯もインターネットも

次々に使えなくなりました。

 

 

公共の乗り物は全て運休で、信号も消えていました。

道路には、人も、自転車も車も、いつもより

多く出ていました。

多分、食料や乾電池など買える店を探していた

ためと思われます。

 

 

スーパーやコンビニ、ガソリンスタンドには、

長い列が出来ていました。

パニックには なってないにしろ、

やはり見慣れない光景でした。

 

 

信号が消えた交差点は、私は初めての経験でしたが

とてもとても緊張します‼️

右見て、左見て、歩行者や自転車を確認して

また右見て左見て、対向車の行く先を確認して・・。

 

あっちも こっちも見ながら

やっとソロソロと車を発進させる、、といった具合です。

なるべく左折だけで行ける道路を選びました。

 

 

午前三時の地震だったため、

昨夜タイマーセットしておいた炊飯器は

もちろん生米と水のままです。

なので、久しぶりに文化釜を使って、ガスで

ご飯を炊きました。

娘も、直火で御飯を炊くことに興味が湧いた

ようでしたので、炊き方を教えました。

最後に強火にして、おこげを作ったつもりでしたが

思ったほどおこげになってなくて残念××××

 

 

冷蔵庫が、徐々にただの食料庫になり果てていきます・・。

なので冷凍庫の買ったばかりのアイスを、

思い切って廃棄処分して、その空いたスペースに

豚肉やら、生ものを押し込みました。

 

 

実家が断水しているということで、

ペットボトルや、ジップロック、大鍋などに

水を汲んで運びました。

 

 

忙しく動いているうちに夜を迎えました。

外に出てみましたところ、当たり前ですが、

真っ暗です。真っ暗闇。

家の明かりや街灯がないって、こういうことなんだと

しみじみ感じました。

そして何の音も聞こえてきませんでした。

 

 

その分、なんと夜空の星の綺麗なことか!

今まで、人工の光に邪魔されて、

本当の輝きに気付けなかったのかもしれません。

 

あまりの星の美しさに、家の中にいた娘に声を掛けて、

一緒に夜空を見上げました。

 

この星が「魂の根源的存在」なんだな、、、と

改めて思いました。

 

 

こんな感じで2日間、同じように過ごしました。

時々余震は来ますが、いらないことは考えないと

いうことを心掛けました。

 

そして停電から42時間後、ようやく電気が復旧しました。

そしてそれと共に電話やネットも開通しました。

 

今日のお昼に買い物に行って来ましたが

まだスーパーの店内には、生ものは 殆どありませんし

ガラガラの棚ばかりです。

ですが徐々に物流も平常に近付いていくでしょう。

 

 

甚大な被害を受けた地域の方々、避難生活を余儀なく

されている方々が大勢いらっしゃいます。

そして余震も続いています。

一日も早く、被災地が復興しますように。

そして一日も早く、人々に平安が訪れますように・・。

 

 

 

 

 

日浦先生のブログはこちらです❣

日浦祐次の公式ブログ「ラーラ・ジャパン」

https://rara-japan.hateblo.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.07.13 Saturday
  • 22:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    テレビを見ないこと既に10年。
    だから地震があったことさえも知らない。
    ただ中越地震の際、震源地に拘束されていたので、
    地震の揺れと被災状況は体験した。
    2日間に得られた食料は、おにぎり2個だった。
    あと2個たべたら、にこにこ握りだったと思う(笑)
    被害がなくてラッキーだったね。

    • 日浦
    • 2018/09/10 9:20 AM
    日浦先生
    コメントをありがとうございます。
    そうでしたか、先生は中越地震の時、
    震源地にいらっしゃったのですか!
    大変な想いをされたことでしょうね。
    はい、我が家の地域は本当にラッキーだったと
    思います。今は物流が正常になるのを
    待っているところです。
    • あずき
    • 2018/09/10 9:49 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM